赤ちゃん英語 おすすめ

まだ言葉が話せない赤ちゃんの時から英語を教えておくと、英語を母国語としてマスターすることができると考えられています。
もちろん、日本語も同時に覚えますから、二つの母国語を持つ人になれるのです。
赤ちゃんのための英語教材はいろいろな商品が販売されていますが、おすすめの教材を探してみましょう。
教材を選ぶ時に重要なことは、どのような環境で英語を学ばせるかと言うことです。
わたしたちが学校で学ぶような方法で、赤ちゃんに教えることはできません。
ヒントは国際結婚をしている人たちの赤ちゃんが自分の母国語をどうやって習得しているのかでしょう。
日本人のお母さんとアメリカ人のお父さんの間に生まれた赤ちゃんは日本語と英語を話すことができるようになります。
実はわたしたち日本人も二つの言語を知らないうちに習得しています。
それは方言です。
それぞれの地域で話す言葉が違います。
しかし、テレビで流れている標準語は誰でも理解できるのです。
鹿児島の人が話す言葉は東北の人が聞いてもわからないでしょう。
それと同じようにわたしたちは英語を聞いてもわからないのです。
方言をどうやって習得しているかと言えば、家族や学校、地域の人たちと話すからです。
周りの人と同じ言葉を赤ちゃんの時から耳で聞いて習得しているのです。
そして、標準語はテレビやラジオ、インターネット、本などが教材となっています。
学校で国語の教科書を読む時には標準語ですが、それを説明する先生は方言を話します。
ちょっと考えると非常に特殊な環境に思えますが、日本中でそれは当たり前の環境なのです。
赤ちゃんの時から英語を習得させると、日本語がおかしくなるのではないかと思っている人が少なくありませんが、それは大きな間違いであることを知らなければなりません。
このような視点に立ち、英語の教材としておすすめなのはDVDやインターネットです。
教材で注意すべきことは、英語を聞く環境と日本語を聞く環境を意識して区別することです。
お父さん、お母さんが英語を教えるのではありません。
家族の間では普通に日本語で話して、DVDを見る時は英語を聞くのです。
この教材だけで赤ちゃんは二つの言語を母国語としてマスターできるのです。
方言も含めれば三つの言語です。